福賀高原梨  福賀高原梨

福賀高原梨


 スイカの出荷が始まったかと思うと、あっという間に梨の季節です。
 
 日本の梨は大きく「赤梨」と「青梨」に分かれます。「幸水」や「新興」「豊水」といった果皮が茶色い品種が赤梨で、「二十世紀」のような果皮が黄緑色のものは青梨です。8月上旬から「幸水」や「新水」等の早生種の出荷が始まり、続いて「豊水」や「二十世紀」などの中生種が店頭に並びます。

福賀高原梨

 阿武町の福賀は昭和33年、宇生賀の上万原で栽培が始まって以来、梨の大産地で、17戸からなる福賀梨生産組合が梨を作っています。
 福賀は標高350〜400mの準高冷地で、一日の寒暖の差が激しいため、梨の栽培に最適。福賀の梨は昼間、日光をたっぷり浴びてエネルギーを蓄えた後、気温が急激に下がる夜中に体力の消耗を抑えようとして、果実の隅々にまで栄養が行き届くため、糖度が上がるそうです。
 また、有機物主体の肥料と天然の「ミネラル塩」の散布も、美味しさの秘密。昨年(2010年)には、山口県産の果物として初めて台湾に輸出されました。

 道の駅阿武町の物産直売所では8月下旬から福賀高原梨の「二十世紀」が並び始めます。9月初旬には「なしフェスティバル」を開催いたしますので、皆さま、福賀の梨のみずみずしい甘さをたっぷり味わって、秋の訪れを感じてください。
(道の駅阿武町では毎年なしフェスティバル(旧名:山ぞく祭り)を開催しています。)
(→平成22(2010)年なしフェスティバルの報告