2010年無角和牛まつり報告


 すっきりとした秋晴れの10月17日、道の駅阿武町で無角和牛まつりが開催されました。
行列 無角和牛焼肉

 なんといっても主役は阿武町特産の無角和牛。(福賀に無角和牛の郷があります)
 貴重な和牛のお肉がお手頃価格で食べられるとあって、焼肉コーナーの前では朝から長蛇の待ち行列ができていました。和牛独特の風味があってとっても柔らかい無角和牛のお肉を、野菜と一緒に網で焼いて特選のタレでいただけます。

無角和牛ステーキ 行列

 カフェ846の経営者でもある八代さんご夫妻による無角和牛ステーキも大人気。お肉がじゅーじゅー焼ける音が実に食欲をそそります。八代さんのカフェ846では、いつでも無角和牛バーガーが食べられます。

新米じゃんけん 新米じゃんけん
新米じゃんけん 新米じゃんけん

 無角和牛まつりはイベントが盛りだくさん。上の写真は、阿武町で今年採れた新米コシヒカリを競って繰り広げられる新米獲得ジャンケンです。

野菜の競り売り 野菜の競り売り

JAあぶらんど萩奈古支所さんによる野菜の競り売りも大勢の人で賑わいました。 

駐車場 新鮮活魚市
新鮮活魚市 新鮮イカ

無角和牛まつりはとっても「欲ばり」なお祭りです。 お肉だけでなく、日本海に面した阿武町ならではの新鮮なお魚も楽しめます。道の駅の前にひろがる広大なグラウンドはこの日、駐車場になっていますが、その向こうにある漁港では、新鮮活魚市が開かれました。見てください、このケンサキイカの新鮮なこと! 

ミニライブ ミニライブ
テーブルマジック ミニライブ

今回は、阿武町に別宅を設けた山口市のライブハウスOrgan's Melodyの経営者、福田さんの粋なはからいで、ストリートミュージシャンによるミニライブもありました。出演者は、白澤真史さん、デミーグラス、ne-san、YOKO、すずスリムの皆さん。また、同じく山口市からテーブルマジシャンの方にも来ていただきました。

さて、午後一時半からは、道の駅まつりと無角和牛まつりには欠かせないイベント、活魚のつかみどりです。 小学生の皆さんが、食卓にあがる調理されたお魚ではない、生きた魚をみずからつかみとって得るという、まさに「いのちを食べること」の尊さを学ぶイベントです。

活魚のつかみどり 活魚のつかみどり
活魚のつかみどり 活魚のつかみどり
活魚のつかみどり 活魚のつかみどり


阿武町ではこれからも楽しいイベントをおこなっていきます。ぜひまたお越しください。

 レストラン憩  物産直売所  発祥交流館  日本海温泉テルメ阿胡  温水プール  ちびっこ広場
カウンター