奈古のキウイフルーツ

キウイ畑

 キウイフルーツといえばニュージーランドを思い浮かべる人が多いと思いますが、原産地は中国中部の長江流域。シナサルナシと呼ばれるマタタビの仲間が、ニュージーランドに移入されて品種改良されたものです。

 キウイフルーツが日本で最初に紹介されたのは1970年の大阪万博で、ニュージーランド館に陳列されていたのだそうです。

 阿武町では1980年前後から栽培がはじまり、今では県内髄一の産地となっています。

 11月中旬、生産者の一人、藤井さんのキウイ畑を訪ねてみました。

キウイ畑 キウイ畑

 藤井さんのキウイ畑は、奈古の山すそを流れる小川を越えたところにあります。
 藤井さんの後を付いて樹々の間を抜けると、そこには緑の葉を生い茂らせたキウイ棚が広がっていました。

キウイ棚 キウイ棚

 キウイ棚の下には、いきいきとしたキウイフルーツが、たわわに実をつけていました。

 キウイの水やりは多過ぎても少なすぎてもダメ。藤井さんは下を流れる小川からポンプで水をくみ上げて、キウイ棚に沿って這わせた水管を通して、うまく水がまわるように工夫しています。

キウイ棚 キウイフルーツ

 藤井さんいわく、キウイづくりで最も大変なのは剪定。収穫の終わった1月におこないますが、実のなっていた枝を切り落とし、翌年に実をつける新しい枝がのびのびと成長するよううまく誘引するのにコツがいるそうです。

 近年は緑色のヘイワード種以外にイエローキウイやレイボーレッドなども育てているとのこと。上の左写真はキウイの形が鐘型に近いですが、これは果肉の色が黄色いイエローキウイの一種です。

 道の駅阿武町の物産直売所は、これから2月頃まで熟れたキウイフルーツの甘やかな香りに包まれます。どうぞお買い求めください。